TOP > ICタグの運用 > システム概要

ICタグの運用

ICタグ使用業務

  • 手元のハンディから取り込んだデータはさまざまな業務に利用できます。
    ICタグ情報の確認もハンディからできます。
  • 1.出庫、入庫
       ICタグ読み込みで伝票の作成がラクになります。
  • 2.商品移動
       倉庫間の商品移動でもICタグ読み込みを行なえば、移動伝票の作成がラクになります。
  • 3.棚卸
       ICタグ読み込みを行なえば、そのまま棚卸データとして利用できます。

商品マスタ

機番マスタ

ICタグ利用は商品マスタ、機番マスタから手軽に設定を行えます。レンタル百貨を導入済みのお客様は見慣れた画面から設定を行えますので、設定に迷うことはありません。

ICタグ利用の商品マスタに識別区分項目を追加します。
ICタグ識別 0:なし 1:ICタグ 
数量管理(0:個別、1:数量)

ICタグ情報項目を追加します。
(1).シリアル番号 ICタグ固定の番号です。
(2).ユーザー番号 ユーザー様で任意に付ける番号です。

ICタグ取付例